グルメ・クッキング

1.昨日の晩ご飯は何食べた?

昨日の晩ご飯は何を食べました?

自分が作らないと、すぐには思い出せない。
自分で作ったとしても、すぐには思い出せないのが
昨日の晩ご飯は何を食べたのか。

毎日悩むことなくご飯を作れるようになりたければ、
最初のうちは
料理ノートを書くことをおすすめしたいです。

できればノートに。
手書きで。
手帳でもいいかもしれないですね。

ご飯を作ってくれる人がいる環境のひとは
そのメモは将来の自分の献立メモになる。

自分がご飯を作る立場のひとは、
そのメモで自分の献立のくせが見えてくる。

・・・はず。

メモは簡単でOK。
ちなみに昨日のうちの晩ご飯は、

・ハンバーグとキャベツの千切り&プチトマト 
・サツマイモの甘煮 
・ひじきの煮物
・お味噌汁(豆腐・わかめ・かまぼこ)

こんな感じ。
メイン、サブ、サブ、汁物の順で。

毎日悩むことなくご飯を作れるようになるために
まずは現状把握を始めてみませんか??


~・~・  ひと言   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

なんで、体重は変わらないのに太って見えるんだろう。
たるんだってコト?
下半身ダイエットのレッグマジックに興味津々・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

|

はじめに プロはもう忘れてしまっている料理の初心

 

私と食事の関係。

朝晩は母が作ってくれていました。
お昼は買ったり、たまにお弁当を作ったり。
そのお弁当も母が晩ご飯を作るときに
ちょっと多めに用意してくれていたことも。

一人暮らしをすることなく、結婚。
相手は10年以上一人暮らしをしていて
自炊もそれなりにしていた人。
料理本も何冊も持っている人でした。

ここから、戦いの始まりでした。

他人と暮らすということ。
食文化の違い。
大雑把な性格の私と几帳面な彼。

相手が彼氏でも夫でも家族でも他人でも構わないんです。

自分が作ったものを、自分以外の人も毎日食べるということ。

毎日、がポイント。
巷にあふれている料理本で毎日の食事をどう料理するか。

プロの料理人や料理家は玄人すぎて
忘れてしまったか、問題としない
料理を始めるときの注意すること。
料理を毎日することになった時の心得。

私もきっと、これから毎日の食事作りをすれば
きっと忘れてしまう
「最初は気をつけていたこんなこと」。

不慣れな今だから伝えることができることを。

|

その他のカテゴリー

グルメ・クッキング